たばこの害について

たばこの害について

タバコの煙には4,000種類以上の化学物質が含まれています。その中には60数種類の発がん物質を含む、多くの有害物質が含まれています。代表的な有害物質はニコチン、タール、一酸化炭数などです。

【主な有害物質】

  • 血圧を上昇させるニコチン
    血圧を上げたり、心拍数を増やして心臓に負担をかけます。依存性が強く、たばこをやめられない原因に。
  • 発がん物質の多いタール
    発がん性物質が多く含まれています。肺を黒くし、その働きを低下させます
  • 酸素を運ぶのを妨げる一酸化炭素
    ヘモグロビンと結びついて血液が酸素を運ぶのを妨げるため、心臓の負担が大きくなります。

たばこの煙は、周囲の人の健康にも害をおよぼします

タバコを吸わない人が、知らないうちにたばこの煙を吸っていることを「受動喫堙」といい社会全体の問題となっています。

たばこの有害物質は、ただよう煙に多く含まれているため、喫煙している人の近くにいると、健康を害する危険度が高くなります。

  • 「副流煙」とは・・・・たばこの火から立ちのぼる煙の事をいいます。
  • 「主流煙」とは・・・・喫煙者が吸うたばこの煙を指します。
  • 「環境中たばこ煙」・・・・副流煙と、吐き出した主流煙を合わせてこう呼びます。

たばこを吸わない人は、この両方の煙を吸うことで受ける害がいっそう多くなります

喫煙者の妻の肺がんリスクが高い!

ヘビースモーカー(1日20本以上)の妻は、本人が喫煙していなくても、肺がんで死亡する割合が、喫煙しない人の妻の1.91倍に。

子どもへの害はさらに大きい!

母親が喫煙している場合、3歳児の10人に1人にぜんそく様気管支炎が見られる。その後、子どもがぜんそくになる危険性は、喫煙しない人の約2.5倍に。

「がんの発症率」は・・・・非喫煙者の1.5~32.5倍

「まだある、たばこが引き起こす病気」とは・・・・

  • 心臓病
  • 脳梗塞
  • 肺疾患
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • その他:歯周病・狭心症・心筋梗塞・ぜんそく・気管支炎・骨粗しょう症など